をみなへし

をみなへし
をみなへし

濃い緑一遍だった夏の野も秋が深まるにつれて様々に色づき、美しいハーモニーで目を楽しませます。
女郎花が咲く野辺の黄色と、葛、藤袴、桔梗など、秋の七種(ななくさ)と呼ばれる草花の織りなす色の響あいをイメージしながら染めました。

COMMENT ON FACEBOOK