「2024 万葉の花ごろも展」を開催します!詳細を御覧ください

やまなし

やまなし
やまなし
やまなし 前部分(関東巻)
やまなし 前部分(関東巻)
三分紐を締めたイメージ(関東巻)
三分紐を締めたイメージ(関東巻)
やまなし 前部分(関西巻)
やまなし 前部分(関西巻)

宮沢賢治が描いた美しい谷川の底での物語「やまなし」をテーマにした帯です。やまなしはヤマリンゴ、オオズミとも呼ばれていて日本ナシのルーツのようなものです。

ズミ
ズミ
小川の光の網
小川の光の網

太鼓の柄は五月の光景で、明るい陽射しにより波からとどく光の網が美しくのびたりちぢんだりしている様子を表現しました。上部には樺の花びら(おそらく山桜の花びら)が流れています。たれには、沢ガニの兄弟が遊んでいます。
前の柄は、関東腹(関東巻きのとき出る柄)には、やはり五月の光景でカワセミとやがてに捕られてしまう川魚を描きました。関西腹(関西巻きのとき出る柄)には十二月の光景で、月光の下、やまなしが落ちたときの様子を表現しました。物語の世界がこの帯に凝縮されています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次