「2024 万葉の花ごろも展」を開催します!詳細を御覧ください

ひかりの丘

ひかりの丘
ひかりの丘
ひかりの丘 前部分(関東巻)
ひかりの丘 前部分(関東巻)
ひかりの丘 前部分(関西巻)
ひかりの丘 前部分(関西巻)

宮沢賢治の作品に「虹の絵の具皿(十力の金剛石)」というお話しがあります。王子と大臣の子が虹の脚もとにあるというルビーの絵の具皿を探しに行くお話しです。二人は虹を追って「ひかりの丘」までやってくるのですが、そこでは植物たちがすべて宝石として描かれています。

  • リンドウの花→天河石(アマゾンストン)
  • リンドウの葉→硅孔雀石(クリソコラ)
  • 黄色な草穂→猫目石(キャッツアイ)
  • ウメバチソウの花びら→蛋白石(オパール)
  • とうやくの葉→碧玉(ジャスパー)
  • とうやくのつぼみ→紫水晶(アメジスト)
  • 野ばらの枝→琥珀(アンバー)や紫がかった霰石(アラゴナイト)
  • 野ばらの実→まっかなルビー
天河石(アマゾンストン)
天河石(アマゾンストン)
紫水晶(アメジスト)
紫水晶(アメジスト)
硅孔雀石(クリソコラ)
硅孔雀石(クリソコラ)
琥珀(アンバー)
琥珀(アンバー)
蛋白石(オパール)
蛋白石(オパール)
霰石(アラゴナイト)
霰石(アラゴナイト)
碧玉(ジャスパー)
碧玉(ジャスパー)
ルビー
ルビー

まさに鉱物が好きな宮沢賢治の世界があふれています。

ウメバチソウ
ウメバチソウ
ハチドリ
ハチドリ

帯ではウメバチソウを主役にして中央に配しました。王子たちの道案内をするはちすずめ(ハチドリ)も飛んでいます。
太鼓部は宝石のように輝く植物たちを、前部では本来の植物の姿を描きました。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次