付け下げ「連珠」+名古屋帯「ほよ」

付け下げ「連珠」+名古屋帯「ほよ」
付け下げ「連珠」+名古屋帯「ほよ」

きものは、一見、織りのかと思われるかもしれませんが、いくつかの地紋で段変わりに織られた白生地(お召)を友禅して染め分けし、要所々に丸文(連珠)が配置されたもので、大変手間をかけて趣を演出した付け下げです。
帯は「ほよ(ヤドリギ)」の実がパッと浮き出るように染めに工夫されており、その丸い実ときものの丸文がリンクして響きあいます。
「ほよ」は常緑の植物ですので、四季を問わず秋から春いっぱいお使いいただけますが、特に実のなる冬、クリスマスからお正月がベストシーズンといえそうです。とりよろふオリジナルの「ほよ」の文様は、「?なんの柄?」と思わせますが、万葉集由来の吉祥文です。さりげなく、おしゃれに。絶対に他とはかぶらない、世界にひとつのとっておきの組み合わせになります。




COMMENT ON FACEBOOK