若草の(わかくさの)

若草の(わかくさの)
若草の(わかくさの)

枕詞としての「若草の」は、意外にも「つま」や「妹」などにかかります。若草が柔らかく新鮮で、愛すべきものであるからということです。
早春の芽生えたばかりの淡い緑のイメージで染めた小紋ですが、大切な人、愛すべき人への想いも込めています。

COMMENT ON FACEBOOK