薺(なずな)

ナズナは生命力の強い植物なのでしょう。どこにでも生え、冬まだ寒い時期から花を咲かせます。春の七草に数えられるのは、そのパワーをからだに取り入れるという意味合いもあるのかも知れませんね。

一見、雑草のように扱われてしまうナズナですが、よく見るとなかなか味わいのある植物です。越冬するときの姿(ロゼット葉)は大変美しく、とりよろふのデザインにはしばしば登場させています。

小さな四弁の白い花をカンムリのようにのせ、たくさんのハート形の果実をつける様がなんとも可愛らしい。「思わず撫でたいほど可愛い花」ということから「撫菜」となり、いつしか「ナズナ」と呼ばれるようになったそうですが、うなずけます。この帯は、その可愛らしい花と実に着目してデザインしました。前の部分は上から見たナズナを描いています。

群生する花を見ていると、きらめく無数の星々に見えてきます。

よく見れば薺花さく垣ねかな 芭蕉

Category :

COMMENT ON FACEBOOK