貝合わせ

貝合わせは平安貴族の遊びで、貝の内側に対になる絵などを描いてばらばらに伏せておき、対の貝を当てる、トランプの神経衰弱に似た遊びです。対になる二枚の貝は他の貝とは絶対に合わないことから、嫁入り道具には不可欠なものとされました。

貝桶と貝を散らした意匠は華やかで美しく、婚礼用のきものや帯の柄に使われます。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK