椿

万葉表記:椿、海石榴、都婆伎、都婆吉

河の上(へ)の つらつら椿 つらつらに 見れども飽(あ)かず 巨勢(こせ)の春野は
春日老(かすがのおゆ)(巻-56)

川のほとりにつらなって咲いている椿は、つらつらとしていくら見ても飽きることはない。本当に素晴らしい眺めだ、巨勢の春野は

「つらつら椿」は連なり咲いている椿の花の様子を表しています。

ツバキは「厚葉木(あつばき)」「艶葉木(つやばき)」が語源となったとされます。また、ツバキは木へんに春と書きますが、これは日本で生まれた文字で、古くから春を代表する植物であったことがうかがえます。「葉広真椿(はびろまつばき)」と呼ばれた艶やかな常緑の葉は、古代より悪鬼を払う呪術性を持つとされ、神聖な木とみなされてきました。

古くから観賞用の庭木として人気でしたが、江戸期には椿ブームが起こり品種改良が進みました。大戦後はヨーロッパ、アメリカにも渡り、さらに品種改良が進んで盛んに栽培されるようになりました。

帯では、六角形に花と葉っぱ、蕾を配置して、つらなって咲く椿の花の様子を表現しました。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK