さきくさ(ミツマタ)

万葉表記:三枝

春されば まず三枝の 幸くあれば 後にも逢む な恋ひそ吾妹
 柿本人麻呂歌集(巻10-1895)

春になるとまず咲くさきくさの、その名前のように幸く(さきく)無事であったなら、またいつか会えるでしょう。いとしい人よ、あまり恋に心を苦しめないでください

さきくさにはミツマタのほかヤマユリ、ヤマゴボウ、ジンチョウゲ、マツ、ツリガネニンジン、ヒノキなどとする説がありますが、春にまず咲く花、三枝の字から「ミツマタ」が最もふさわしいとされています。
ミツマタは昔から良質の和紙の原料とされてきましたが、特に紙幣に用いられることで有名です。名前はよく知る植物でしたが、これほど花が面白くて綺麗だとは知りませんでした。
万作、山茱萸、臘梅、土佐水木、そしてミツマタ。春さきがけて咲く花に黄色い色が多いのは何か理由があるのでしょうか・・・

COMMENT ON FACEBOOK