八弁唐華(やべんからはな)

「宝相華」という文様があります。特定の花があるのではなく、牡丹、シャクナゲ、芙蓉などの花の美しい部分だけを取り出して作った空想の花を表します。日本では仏教装飾に多く使われますが、本来は西方のペルシャ的な感性の中で生み出されたもので、どことなくエキゾチックは雰囲気を持つ文様です。また、宝相華に似た文様で「唐花」というものがあります。こちらも特定の花をデザインしたのではなく、複雑多弁な花形文様の総称で基本的に円形に構成されたものをいいます。

この帯は宝相華と唐花をミックスしたようなイメージでデザインしました。ふんわりした暈しの中に柄が溶け込むように染めあげました。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK