月の桂

黄葉(もみじ)する 時になるらし 月人の かつらの枝の 色づく見れば

作者不詳(巻10ー2202)

木々が黄葉する時になったらしい。月の男がかざす桂の枝が色づくのをみると

月にあるという中国の伝説上の大きな桂の木を詠んだ歌です。秋の冴えた月光を月の桂が美しく色づいたからとみたもので、万葉人のロマンチックな感性がうかがえます。月にうさぎがいるというのも中国の神話が元になっていて、日本では満月の呼び名の「望月」が「餅つき」の音と似ているため、うさぎが餅をついているイメージが定着しました。

帯では、前に満月を、お太鼓に三日月を配して、暈しで雲を染めました。

Category :
Tag :

COMMENT ON FACEBOOK