ひかりの丘

宮沢賢治の作品に「虹の絵の具皿(十力の金剛石)」というお話しがあります。王子と大臣の子が虹の脚もとにあるというルビーの絵の具皿を探しに行くお話しです。二人は虹を追って「ひかりの丘」までやってくるのですが、そこでの光景や植物たちの描写がすばらしい。

  • リンドウの花→天河石(アマゾンストン)
  • リンドウの葉→硅孔雀石(クリソコラ)
  • 黄色な草穂→猫目石(キャッツアイ)
  • ウメバチソウの花びら→蛋白石(オパール)
  • とうやくの葉→碧玉(ジャスパー)
  • とうやくのつぼみ→紫水晶(アメジスト)
  • 野ばらの枝→琥珀(アンバー)や紫がかった霰石(アラゴナイト)
  • 野ばらの実→まっかなルビー

こんな具合です。

ウメバチソウは花の造形が天満宮の紋である「梅鉢紋」に似ている植物です。金色に輝くティアラ(王冠)のようなかたちの仮雄しべを持ち、その先端には宝玉を光らせるます。ゴージャスなイメージをもたれるかと思いますが、見た目は大変清らかで、可憐で、美しい花です。

COMMENT ON FACEBOOK