銀河鉄道

「銀河鉄道の夜」は宮澤賢治の様々な想いがすべて盛り込まれた物語といえます。私が特に感銘を受けるのは、線路脇に広がる銀河を様子を表したところで、天文好きの賢治の表現の豊かさにうっとりさせられます。

天気輪の柱、線路、三角標、空の銀色のすすき、黄色の底をしたりんどうの花のコップ…。これらのキーワードをデザイン化し、文様にして可愛い帯を染めました。

COMMENT ON FACEBOOK