万葉表記:竹、多気、太気

わが屋戸(やど)の いささ群竹(むらたけ)吹く風の 音のかそけきこの夕(ゆうべ)かも
大伴家持 (巻19-4291)

わが家の小さな竹藪の笹の葉を静かに揺らして吹く風の、その微かな音が響く夕暮れであることよ

竹を静かに吹き渡る風の音に、家持の心の静寂を表現した歌です。

竹は草でも木でもない「有節植物」と区別されるそうです。数十年に一度しか花を咲かせず、しかも一度開花すると竹林全体が枯れてしまう不思議な植物です。鳳凰は桐の木に棲み、竹の実を食べるといいますが、果たして竹の実はどんなものなのか・・・見てみたいですね。

竹は眼には見えない風の姿を見事にあらわすことができる植物といえます。帯では、音のかそけき様を竹の葉に込めて表現しました。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK