さねかずら

万葉表記:狭根葛、核葛

さね葛 のちも会ふやと 夢(いめ)のみに 祈誓(うけ)ひわたりて 年は経につつ
柿本人麻呂歌集 (巻11-2479)

さねかづらの蔓が長くのびて絡みついているように、いつかまた必ず逢おうと夢で祈っているうちに、こんなに月日がたってしまった

切ない恋の歌です。

さねかづらは常緑のつる性植物で、夏に淡黄白色の可愛らしい花をつけます。秋には実が真っ赤に色づき、その美しさに目をひかれます。切った枝を水にひたしておくと粘りけのある汁がとれ、それを整髪剤にしたことから「美男葛(ビナンカズラ)」とも呼ばれます。

蔓を伸ばしては、またもとの蔓茎に先の方で結びあうことから、万葉人はこの蔓に、恋人とまた後で逢うことができるようにと念じました。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK