さわらび

万葉表記:和良比、蕨

石激る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも
志貴皇子(巻8-1418)

岩の上を激しく流れ落ちる滝のほとり。そのあたりにはもうわらびが萌え出して、待ち望んだ春が来たのだな。

春の訪れのよろこびが伝わり、口ずさむだけですがすがしい気持ちになります。万葉集の中で人気が高く、傑作として知られる歌です。

帯は、わらびと激流の川(小さな滝)を抽象的にデザインしました。一見あっさりした印象ですが、独特の色使いに存在感がある帯です。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK