桜児(さくらこ)

春さらば 挿頭(かざし)にせむと わが思(も)ひし 桜の花は 散りにけるかも
(巻16-3787)

春になったら挿頭(かざし)にしようと思っていた桜の花は散ってしまったなあ

集中に「桜児伝説」というのがあります。
桜児という美しい娘女(をとめ)をめぐり、二人の壮子(をとこ)が命をかけて争い、心を痛めた桜児は自ら命を絶って争いを止めたというものです。

歌は争った二人の男のうちの一人が詠ったものとされます。あわれさを感じる歌です。

※これと似た話に「真間の手児奈(ままのてこな)伝説」があります

Category :

COMMENT ON FACEBOOK