尾花に白露

わが屋戸の 草花(おばな)が上の 白露を 消たずに玉に 貫くものにがも
大伴家持(8-1572)

わが家の尾花の上の白露。それを消さないで真珠のネックレスにしたいものだ

秋も深まると、朝方ススキの葉の上に白露がきらきら輝く光景を目にします。それを真珠に見立て、ネックレスにしたいと思う家持は大変ロマンチストですね。

帯では真珠のだけではなくていろいろな宝石もちりばめてみました。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK