保与(ほよ)

万葉表記:保与

あしひきの 山の木末(ぬれ)の ほよ取りて かざしつらくは 千年寿くとぞ
大伴家持(巻18-4136)

山の木の梢に生えているほよを取って、髪飾りにして挿したのは、千年の長寿を祈ってのことです

ヤドリギは、エノキ、クリ、サクラ、ケヤキ、ブナなど落葉広葉樹の枝の上に半寄生する常緑小低木です。古来、常盤木として祝賀の席に飾られました。万葉名を‘ほよ’といいます。

冬になり、すっかり葉っぱを落とした宿主の木の枝に青々と茂る姿を見て、人は生命力の強さや神秘的な力を感じたのでしょうね。その力を少しでも身につけたいとほよを髪飾りにした万葉びとはなかなかお洒落だと思います。

ヤドリギはヨーロッパでも幸福の木と呼ばれ、冬至の頃刈り取って家の中央に吊るし、その下でキスをすると家族に幸運がもたらされると言い伝えられ、今でもその風習は各地に残っています。とりわけオーク(ヨーロッパナラ。葉の形は日本のカシワに似ている)に生えるヤドリギは神秘的、神聖なものとみなされ、魔力が強く、その力を損なわぬよう採取するには、白装束に身を包んだ僧侶が黄金の鎌で切り落とし、大地に触れぬよう白い布で受けとめたそうです。

冬になる頃、黄色や赤い実をたくさんつけますが、高い木に寄生するため観察するのは一苦労です。

Category :

COMMENT ON FACEBOOK