あかね

万葉表記:茜、茜草、赤根、安可根

あかねさす 日の暮れぬれば すべを無(な)み 千遍(ちたび)嘆きて 恋ひつつそう居(を)る
作者不詳(巻12-2901)

あなたに逢えないまま、あかね色をおびる日が暮れてしまったので、仕方なく幾度も嘆いては恋い慕っているのです

あかねは多年草のつる植物で、ハート形の4枚ずつ輪生する葉っぱ(実はそのうち2枚は托葉が葉っぱそっくりに変化したもの)が特徴的です。初秋、淡黄色の小さな花を咲かせます。根を乾燥させると赤くなるため“あかね”と呼ばれたのでしょう。緋色の染料となります。

万葉集では植物としての“あかね”を詠んだ歌はなく、すべて「あかねさす」など、日、昼、照、紫、月、君などの枕詞として用いられています。

「ぬばたま」が暗さの象徴とされるのに対し、「あかね」は反対の明るさを強調する手段にもちいられます。

帯では、渦巻く恋心にサッと希望の光が差し込むようにと、緋色をおびたぼかしを入れています

Category :

COMMENT ON FACEBOOK