銀河鉄道

宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」をテーマにつくりました。

天気輪の柱、三角標、銀色の空のすすき、線路脇に咲くりんどう、そして白鳥座から蠍座、終点の南十字へ。物語の世界が裾に盛り込まれています。

物語にはジョバンニが「星めぐりの歌」を口笛で吹く場面があります。この歌は「双子の星」にも登場しますが、歌詞は以下の通り。

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。

肩、胸、背中の部分にはそれらの星座たちをちりばめています。

宮澤賢治へのオマージュを込めた作品です。

COMMENT ON FACEBOOK