思ひ草(ナンバンギセル)

万葉表記:思草

道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今さらさらに 何をか思はむ
作者不詳(巻10-2270)

道端の尾花の根もとで、頭をたれて物思いでもしているような思ひ草のように、今さら改めて何を思い悩んだりしましょう

もうあきらめようと思ったのでしょうか? 一途に想い続けようと思ったのでしょうか?恋について何か決断をした片思いをする女性の歌のように思えます。思ひ草は集中この一首だけです。
思ひ草とは何か? 竜胆、露草、おみなえし、しおん、ススキなど諸説いろいろあったようです。「愛する花を何にてもいう」などという説まで生まれました。
ナンバンギセルが定説となったのは、この草が、ススキや、ミョウガ、サトウキビの根に寄生する植物であり、植物学的にも当てはまるということによりますが、ススキの根元にひっそり咲くナンバンギセルは本当に物思いにふける姿に見え、最もふさわしく思われます。でも、当時でさえも‘思ひ草’はあまりポピュラーではなかったのでしょうね。それ故、みんながそれぞれ‘思う草’を想像するようになったのかもしれません。
南蛮のキセルに似ているからこのような和名が付いたのでしょうが、‘思ひ草’という呼び名の方がはるかにロマンチックで、こちらを正式な和名としたいくらいです。
秋日和、野に出て尾花の下をかき分けながら南蛮ギセルを探してみてはいかがでしょうか? 運よく思ひ草に出会えたら何か良いことが起こるかもしれませんよ。

COMMENT ON FACEBOOK