万葉表記:菱

君がため 浮沼の池の 菱採ると わが染めし袖 濡れにけるかも
 柿本朝臣人麻呂歌集(巻7-1249)

あなたのために浮沼の池の菱の実を採ろうとして、私の染めた着物の袖を濡らしてしまいました

万葉の時代、若い女性はお洒落のために露草などの花を袖に擦りつけて色を染めたのでしょう。きっと水に濡れると色が落ちやすかったのだと思います。
「でも、それをいとわずにわたしはあなたのために菱の実を採ったのですよ」と乙女心をうったえているような歌です。

「菱」の名の由来は、実が拉(ひし)げた(押しつぶされた)形によるものといわれます。また「菱形」という言葉はこの葉の形からきているとされていますが、私には葉が並んだ幾何学的な形からと連想されてなりません。
夏、白くて可愛らしい四弁の花を咲かせます。実は食べると栗のように甘くて美味しいそうです。

COMMENT ON FACEBOOK