プロフィール

加藤 寛司

加藤 寛司

作家の紹介

とりよろふ代表 加藤 寛司(かとう かんじ)略歴

1961年 茨城県生まれ
1985年 筑波大学芸術専門学群絵画コース卒業
1986年 一竹工房に入社
2008年 独立し、きものアトリエ‘とりよろふ’を開く
2009年 11月 とりよろふ展開催(銀座 衣裳らくや)
2009年 12月 万葉の花ごろも展開催(銀座 清月堂)
2010年 9月 2010万葉の花ごろも展開催(奈良県立万葉文化館)

師である染色家・久保田一竹の工房で20年以上染色にたずさわる。色を複雑に重ね暈かすことにより手描友禅に独特の世界を表現する新たなスタイルを確立。開業後、万葉の世界に興味を抱き、そこに詠まれている植物をテーマにしたきものの制作を始める。現在は、実生活でのパートナーであり、同じく20年以上の染色キャリアをもつ加藤優佳(かとう ゆうか)と共に、個性をぶつけ合いながら、更なる進化を目指し制作に取り組んでいる。

作品、イベントに関するお問い合せは こちら からどうぞ。

きものアトリエ とりよろふ
加藤 寛司
〒185-0001
東京都国分寺市北町5-7-3
Tel:080-5081-8079

COMMENT ON FACEBOOK