生命の樹-カルパヴリクシャ(如意樹)

カルパヴリクシャ

カルパヴリクシャ
作者 Gunawan Kartapranata [CC BY-SA 3.0 または GFDL], ウィキメディア・コモンズ経由で

インド・ヒンドゥー神話に登場する空想の木で、宇宙を統括する帝釈天(インドラ神)の楽園に生えていると言われています。

高さは10ヨージャナ(由旬)〈1ヨージャナ≒14.4km〉あり、願をかけるとどんな望みでも叶えてくれる力があると信じられています。稔り多い豊かさと幸福の象徴といえます。

果実は黄金色をしてとても香りがよく、この木からその果実を受領したものは神々と同じように永遠の命が約束される考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする