生命の樹-ヘスペリデスの黄金のリンゴ

ヘスペリデスの園

ヘスペリデスの園 Frederic Leighton, 1st Baron Leighton [Public domain], via Wikimedia Commons

ギリシャ神話の中で、ゼウスがヘラと結婚したとき地の神ガイアから贈られたという、黄金のリンゴの木が茂る庭が登場します。

世界の西の果て(アフリカのアトラス山)の歓喜の園にあり、ヘスペリデスの三人姉妹が番をしていたことから「ヘスペリデスの庭」と呼ばれていました。

彼女たちにはラドンという名の百頭竜がついていましたが、ヘラクレスはラドンを破り、中央にある木から黄金のリンゴを獲得しました。

黄金のリンゴは不死を得られるといわれます。まさに「生命の樹」のイメージに合致しますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする