珠衣シリーズについて

珠衣シリーズについて

─ 珠衣(たまきぬ)─ それは珠のように美しい絹の衣のこと

珠衣の さゐさゐしづみ 家の妹に 物言はず来にて 思ひかねつも
柿本人麻呂(巻4-503)

美しい絹の衣がさやさやとしなだれるように心も沈み、家の妻に言葉もかけず出てきてしまったので、思慕に堪えられないことだよ

とりよろふの独特の染めにより、複雑な光彩をもつ、まさに珠のような小紋をつくりました。
様々な場面でお使いいただけるきものです。お気に入りの‘珠衣’をお選びください。

※画像をクリックしてください

COMMENT ON FACEBOOK